おすすめのWi-Fiの選び方とは

最近は新しいインターネット環境としてWi-Fiが注目されるようになっています。パソコンを持たない方が増えており、代わりにスマホやタブレットを扱う人が増えています。これらの機器を利用するならばWi-Fiの方がインターネット環境としては適しているのです。もちろん、スマホだけでもネットに接続することはできるのですが、それにはお金がかかってしまいます。通信量を節約するためにもWi-Fiを利用したいという方は多いでしょう。

しかし、Wi-Fiの環境を構築するためにはWi-Fiのルーターを選ばなければいけません。いろいろな選択肢が存在しているため、一体どれを選べば良いのか悩んでしまう方は多いでしょう。そもそも、Wi-Fiとは一体何なのか分からないという方もいるかもしれません。こちらではそのような方に対しても分かりやすい説明を心がけています。Wi-Fiに関する悩みをこちらでしっかりと解決しましょう。これからWi-Fiルーターを選ぶ際の参考にしてください。

Wi-Fiルーターとは

wifiそもそもWi-Fiルーターというのはケーブルを使わなくてもインターネットにつなぐことができるもののことです。Wi-FiというのはそもそもワイヤレスによってLANに接続するための技術のことなのです。このWi-Fiの技術を活用するための機器としてWi-Fiルーターというものがあります。こちらを利用することによって、Wi-Fi機器が電波の送受信を行います。LANと機器との仲介をすることができるのです。したがって、無線LAN機器と呼ばれることもあります。

Wi-Fiを活用すると家庭で契約しているインターネット回線とスマホやタブレットを接続することができるのです。家族みんなが持っているスマホで気軽にネット回線への接続ができるようになるでしょう。それぞれのスマホが契約しているモバイル回線を利用する必要がなくなるのです。Wi-Fiの電波の届く場所であれば、家の中のどこでも自由に接続することができるのです。最大でかなりの速度を出すことができるため、ストレスを感じることはないでしょう。

対応規格について

Wi-Fiルーターをチェックしていると規格というものが目につくことが多いでしょう。たとえばIEEE802.11から始まる規格が有名です。この数字の後にaやb 、n、acといったものがついています。主な企画としてはgやn、acといったものがあるでしょう。このようにさまざまな種類があるため、一体どれを選ぶべきなのか分からなくてややこしくなっている方は多いでしょう。

基本的には最新規格であるacとその1つ前の規格であるnさえ知っておけば良いでしょう。2014年に制定されたものがacです。こちらは現在主流となっています。そして、それまでに主流だったものがnです。Wi-Fiルーターの製品紹介では、たとえば11acとして表示されていることが多いでしょう。基本的に最新規格であれば、それまでの規格にもしっかりと対応しています。したがって、Wi-Fiルーターはとりあえず11acのものを選んでおけば間違いないでしょう。それならば、どのような環境でも利用することができて、通信速度も最速となります。

ビームフォーミング対応の機種を選ぶ

Wi-Fiルーターの技術としてビームフォーミングというものが注目されています。これは受信する端末の方向や距離を機器が判別して、より集中的に電波を届けるという技術のことです。これによってより広い範囲でWi-Fiを利用できるようになります。効率よく電波を届けることができるようになる技術なのです。従来のWi-Fiルーターだとなかなか電波を受信できないことがあり不便さを感じることがありました。そのような問題を解決しているのです。

ビームフォーミングについては最新のWi-Fiルーターであれば対応していることが多いです。最新規格のものであればすべて対応しているでしょう。Wi-Fiルーターを選びたいときにはこのビームフォーミングという機能に注目してください。ルーターとの距離が離れていたとしても通信速度がそれほど落ちないようになるのです。したがって、より快適に利用できるようになるでしょう。

アンテナの数で選ぶ

日本全国Wi-Fiルーターにおいて重要な点としてストリーム数というものがあります。これは複数のアンテナがあれば、複数のストリームによりデータのやり取りができるようになるというものです。複数のアンテナによって同時に異なるデータのやり取りができるようになります。これによって同時に通信できる台数に違いが出てくるのです。たとえば家庭内で同時に複数の人が通信をするならば、アンテナは複数あった方が良いでしょう。

利用環境に合わせてアンテナ数やストリーム数を選ぶと良いでしょう。同時に通信をする可能性のある端末がたくさんあるならば注意してください。

階をまたぐ場合について

もしWi-Fiルーターを階をまたいで利用するならばハイエンドモデルを選ぶべきです。2階でも使うことができる電波の強いルーターを求めるならば、それを可能とする高性能なルーターを選ばなければいけません。もちろん、この場合は普通のルーターよりも高くなってしまうのですが、高性能なものを求めるならば、ある程度の価格がかかってしまうのは仕方ないでしょう。ただし、設置場所によっても電波の良し悪しは左右されてしまうため気をつけましょう。設置場所を工夫することも大切です。

まとめ

Wi-Fiルーターはとても便利なものです。これによってスマホやタブレットでネットに接続することができます。Wi-Fiルーターを選ぶ際には最新規格を選択しておくと良いでしょう。そうすればビームフォーミングの機能も使うことができるため、より快適に利用できるようになります。用途に合わせて性能を選ぶと良いでしょう。たとえば2階でも利用したり、たくさんの家族で利用する場合にはそれに合った性能のものを選ばなければいけません。

Wi-Fiルーターはたくさんあるため、一体どれを選べば良いのか分からないという方が多いかもしれません。いろいろな選択肢が存在しているため、悩んでしまう方もたくさんいるでしょう。そのような方はこちらで紹介した情報を参考にしてWi-Fiルーターを選んでください。自分に最適なルーターを選ぶことができれば、それによって高速なインターネット通信を楽しむことができるでしょう。Wi-Fiルーターを導入することでさまざまなメリットを得られます。