大きなメリット

ポケットwifiは、かなり知名度が浸透してきた機材でしょう。ですが、仕組みを知ると、さらに使い道も広がってきます。

ポケットwifiと同様に聞く言葉として、モバイルWi-Fiルーターがあるはずです。この二つは、実は同じことを指しているわけではありません。正確に言えば、モバイルWi-Fiルーターの中にポケットwifiがあるということです。

ポケットwifiとは、ソフトバンクとワイモバイルのモバイルWi-Fiルーターのことを指しています。この二つは、同系列ですので、同じ名称を使っていますが、当然docomoやauでは名称が異なるのです。

プリンターでは、ポケットwifiが、他の会社と違うのかといえば、そんなことはありません。wifiに対応した機材であれば、インターネットにつなぐことができます。現在のものであれば、タブレットもスマートフォンもwifiに対応しているでしょう。他にもゲーム機やプリンター、ハードディスクレコーダーなども対応しているはずです。こうした機器をつなぐことができ、利用することができるようになるのが、ポケットwifiであるということになります。それも、同時に複数の機器をつなぐことができるのがポケットwifi特徴でありメリットといえるでしょう。

ポケットwifiとは

スマートフォンやタブレットの普及とともに、ポケットwifiを活用する人も増えました。基地局をつなぐことができるポケットwifiは、電波さえ拾うことができれば、外にいても自宅と同じようにインターネットをすることができます。どこにいても、スマートフォンやタブレットを利用することができる便利なものです。

ポケットWIFI最近は、スマートフォンのテザリング機能を活用することでも、同じような機能を実現することもできます。スマートフォンを使うだけであれば、ポケットwifiはそこまで必要がないかもしれません。ですが、そこに大きな違いがあることを知ると、活用の幅が広がります。

ポケットwifiは、契約の仕方によって、多くの通信量を確保することが可能です。現在のスマートフォンは、通信速度は速くても、総量規制が掛けられていることがほとんどでしょう。大規模な契約もできますが、それだけ費用がかさみます。ところが、ポケットwifiであれば、スマートフォンよりも格安に契約することが可能で、契約方法によっては無制限にすることも可能です。動画など大容量を必要とすることが多くなってきている昨今では、この利用価値はとても大きなものとなるでしょう。

もちろん、固定回線がいりませんので、家庭内でもネット環境が整っていないというのであれば、十分な利用価値があります。性能も向上していることから、価値がどんどん増しているのです。

しかし、このポケットwifiがどうして使えるのか、その仕組みを知っている人はあまりいないでしょう。仕組みを知ってみると、もっと利用の幅が広がるようになるのです。