ルーターと接続数

ポケットwifiというと、家庭の無線ルーターと何が違うのだろうという人もいるでしょう。この2つは確かに似ていますが、全くの別物です。家庭の無線ルーターは、確かに無線LANとしてwifiを使います。しかし、固定回線の信号を使い、無線LANとして飛ばしている点が重要なポイントでしょう。ところが、ポケットwifiは、固定回線をつなぎません。すべて無線でおこなうところが重要で、無線電波をキャッチして利用することができます。どちらも機能的には似ていますが、根本としている仕組みに違いがあるといえるでしょう。

スマホルーターとしての機能は、両者とも同じです。性能に違いはありますが、ルーターとして、複数の機器をつなぐことができます。このルーターの仕組みをもう少し細かく見ると、ルーティングするという意味であることがわかるでしょう。いろいろな機器を接続するにあたって、通信を成り立たせるために整理をしてくれているのです。いろいろな電波を受け取り、橋渡しをしてくれることで、通信ができるだけ混雑して届かなくなってしまうようなことを防いでいます。そのおかげで、複数の機器をつなぐことができるのです。

ポケットwifiは小さな機器ですが、ひとつでいろいろな役割を果たします。機器によっては性能の限界があるため、接続数に制限があったりすることも理解して使うと、さらに便利に活用することができるでしょう。

規格とルーター

ポケットwifiにも付けられているwifiとは、TheStandardforWirelessFidelityという統一規格です。単純に仕組みを言えば、無線LANであるといっていいでしょう。ポケットwifiが、ルーターの機能を有しているため、同一規格であれば通信をすることができます。

電波

では、ルーターは何かということになるでしょう。ルーターは電波を出している機器であり、それをスマートフォンやタブレットがとらえることで使えるようになるのです。仕組みを知らない人には、逆に思えるかもしれませんが、電波を出しているのがポケットwifiだといえます。

このルーターは、機械によって個別のパスワードを持っています。このパスワードを入力した機器のみが通信できるようになっているのです。現在、世の中にはいろいろな電波が飛び交っていますが、このパスワードがわからなければ通信機器使うことができません。そのため、外に出てポケットwifiを使ったとしても、このパスワードを理解できる人はいないでしょう。それぞれ異なる文字列を持っていますので、誰かに教えたりしなければ、黙って使われることは、ほとんどありませんので安心して良いでしょう。